危険を回避する方法│妊娠中は葉酸の摂取がおすすめです

婦人科でも勧められる方法

赤ちゃん

妊娠するために婦人科に通っていても推奨されるようになってきているのが葉酸の摂取です。妊活の基本サプリとしても認識されており、月経周期の改善や胎児の神経異常の予防に役立つことから人気があります。しかし、過剰症も知られていることから必要量を守ることが大切です。

詳しく読む

健康維持に大切な成分

カウンセリング

葉酸は妊婦さんにはもちろん、健康維持や美容のために老若男女問わず必要な栄養素になります。まず葉酸の基本的な効果や、不足すると何が起きるか等を知ることが、葉酸不足にならないための第一歩だと思います。また健康的な生活のためには、食生活や定期的な運動などを日々に織り混ぜることも忘れてはならないでしょう。

詳しく読む

健康な赤ちゃんを産むには

女性

栄養不足には特に注意

妊娠すると女性の身体にはさまざまな変化があらわれるため、体調管理がことのほか重要になります。特に栄養不足は注意が必要です。母胎の健康維持と赤ちゃんのすこやかな成長のためには、必要な栄養分をしっかり補給することが大切です。中でも妊娠中の女性にとって極めて重要だと言われている栄養素が、葉酸です。葉酸は水溶性ビタミンの一種で、ビタミンB群に属します。葉酸を多く含む食品にはホウレン草やブロッコリ、チンゲン菜などの野菜類、マンゴーやグレープフルーツなどのフルーツ類があります。また、最近ではサプリメントで手軽に補給することもできます。成人女性における葉酸の1日当たりの必要摂取量は200マイクログラムとされています。これに対して、妊娠中あるいは妊娠を計画中の女性に関しては400マイクログラムの摂取が推奨されています。

不足は健康リスクを招く

葉酸は人体にあっては赤血球の合成を助ける役割を果たしており、不足すると貧血の原因となります。また、核酸やアミノ酸の合成を促す働きもあります。妊娠の女性にあっては、この後者の働きが特に重要です。というのも核酸やアミノ酸は新しい細胞を作り出すもととなる物質で、胎児の身体器官が発達するのに必要不可欠だからです。妊娠中、中でも4〜12週の妊娠初期において葉酸が不足すると、胎児に神経管閉鎖障害という重大な健康リスクが発生する確率が増加することが分かっています。神経管とはのちに脳や脊椎といった神経組織に発達する器官です。最悪の場合、無脳症や流産・死産の危険性があります。そのため、適切な量の葉酸を摂取することは非常に重要なのです。

昨今の生殖医療

看護師

京都には不妊治療を行う医療機関が数多くあり、検索サービスを利用して調べることが出来ます。今後はこういった社会的なサポートサービスが、広く提供されていくでしょう。最近の不妊治療は専門的な検査を行い、多様なアプローチで症状の改善を目指すのが特徴です。

詳しく読む